惚れ薬 成分

惚れ薬に使われている主な成分とその効果を徹底解説!

 

ここでは、惚れ薬に含まれる代表的な成分と、それぞれの成分がどのように作用するかを解説しています。

 

 

ドリンクタイプ惚れ薬に含まれる主な成分

 

 

画像は左上から順に、マカ、ガラナ、ザクロ、馬(豚)プラセンタ、トンカットアリ、ヒハツ、です。

 

マカ

精力関係の成分と言えばこれ、というくらい知名度の高い成分です。豊富な栄養素を持ち、滋養強壮、精力増強効果があります。惚れ薬はもちろん、精力剤やスタミナドリンクなどにも使われています。

 

ガラナ

古くから精力増強成分の一つとして重用されてきましたが、近年では男だけでなく女の子にも効果的だということがわかっており、多くの惚れ薬に採用されています。

 

ザクロ

女の子が男に対してドキドキする時に作用する女性ホルモン「エストロゲン」と同じような働きをし、女の子を錯覚させ、その気にさせる効果を持っています。

 

馬(豚)プラセンタ

馬(豚)の胎盤を粉末にしたもののことです。アミノ酸、ミネラル豊富で、精力促進の効果があります。
他にも、女性ホルモンの分泌を促進させ、その他の成分の働きを後押しする縁の下の力持ち的な役割も。
惚れ薬によって、馬と豚のプラセンタがありますが、基本的に同じ作用をします。

 

トンカットアリ

女の子の深層心理に潜む性的欲求、精力を解放させ、強い興奮状態を引き起こします。セックスに積極的な女の子は好きですか?

 

ヒハツ

ここ最近で注目されるようになった天然成分で、高い催淫効果を発揮してくれます。

 

 

成分で選ぶならエロティカセブン、ラブショットSPがおすすめ

 

惚れ薬おすすめ人気ランキングにて紹介している惚れ薬には、マカ、ガラナ、ザクロ、プラセンタの4種が基本配合されています。

 

その中でも、エロティカセブンは、脳内麻薬と言われるβ-エンドルフィンが分泌され、大きな高揚感を与える「エゾウコギエキス」、強い快感を記憶に刻み付けてくれる「カンカエキス」を配合。

 

ラブショットSPには、上記の「トンカットアリ」、「ヒハツ」に加えて、高級食材である「スッポン」も配合しています。

 

配合成分で合理的には惚れ薬を選びたいという人には、この2つがおすすめです。

 

 

▲エロティカセブン媚薬の詳細はこちら▲

 

 

▲ラブショットSP媚薬の詳細はこちら▲

 

 

その他の惚れ薬の情報はこちら

 

page top