惚れ薬 使い方

【劇的効果!】惚れ薬の効果を高める4つの使い方を伝授

 

せっかく高価な惚れ薬を手に入れたのならば、より効果的に使いたいと思うのが自然です。

 

そこで、ここではドリンクタイプの惚れ薬の効果的な使い方を4つ伝授致します。

 

 

惚れ薬全般の基本的な使い方は?

 

ドリンクタイプの惚れ薬の基本的な使い方はどれも同じで、何かしらの飲み物に混ぜて相手に飲ませます。

 

ただ、飲み物に混ぜるのが必須という訳ではなく、単純に相手に飲ませやすいためこの手法を用いているだけです。

 

要は女の子の体内に入ってしまえばいいわけですが、難易度を考えればやはりこの方法が一番楽でしょう。

 

惚れ薬によって味の感じやすさに違いがあるため、酒などの濃い味の飲み物であれば特に問題ありませんが、水に混ぜる場合は、味覚が鋭い人は違和感を覚えるかもしれません。

 

冷たい飲み物は味を感じにくくなるので、冷水を使えば多少ましになるかもしれませんが、あくまで感じにくくなるだけです。覚えておくといいかもしれません。

 

 

惚れ薬の効果的な使い方4つ

ドリンクタイプの惚れ薬の効果的な使い方は以下の4つです。

 

  • 飲み物に混ぜる場合は酒類がおすすめ
  • 一回分を何回かに分けて少しずつ飲ませる
  • 素早く仕込むために使いやすい容器に入れ替える
  • 男側も一緒に使う

詳細は以下を確認してみてください。

 

飲み物に混ぜる場合は酒類がおすすめ

 

ドリンクタイプ惚れ薬のド定番と言えるのがこの酒類に混ぜて飲ませる方法です。

 

酒の席というのはセックス本番へ向けた雰囲気づくりにも有効であり、惚れ薬の催淫効果に加え、ある程度酔いが回った状態ならば、誘いも仕掛けやすくなるでしょう。

 

他にも酒は身体に回りやすいため、即効性が期待できます

 

注意する点は、飲み過ぎで酔っ払ってしまうことでしょうか。酒はあくまで仕込みであり、準備段階にすぎません。せっかくのチャンスを無駄にしないためにも酒好きの人や酒に弱い人は自制するようにしてください。

 

もちろん相手の女の子を酔い潰させてもいけません。

 

一回分を何回かに分けて少しずつ飲ませる

惚れ薬の一回当たりの使用量はものによって変わってきますが、大体が3〜5滴程度です。これを複数回に分けて飲ませます。

 

女性の中には酒を飲む際、飲み過ぎないために酒を口に含んだままトイレで吐き出す人もいたりします

 

これではせっかく混ぜたとしても意味がありません。このようなリスクを回避するための方法です。

 

他にも、少しずつじわじわと自然に相手の気分を高揚させるといった効果も得られます。

 

素早く仕込むために使いやすい容器に入れ替える

 

惚れ薬の種類によっては容器のフタがスポイト状になっていますが、そうでないものもあります。

 

エロティカセブンなどがそれに該当しますが、はっきり言って使いにくく、いざという時にパッと取り出して混ぜるのはかなり難しいです。

 

そこでおすすめなのが、弁当などについている醤油やソースの入った入れ物に予め詰め替えておく方法です。

 

見た目はかなり残念な感じになりますが、百均やネット通販でも簡単に入手可能で、使用感は間違いなくいいので一考の価値はあるでしょう。

 

男側も一緒に使う

 

惚れ薬の催淫、興奮効果は基本的に女性向けに調整されていますが、男側にも効果が無いわけではありません

 

そこまで劇的な効果は得られないかもしれませんが、惚れ薬を使っているという精神的な高揚は得られるかもしれません。

 

お互いがいつもと違った状態なら、より刺激的な忘れ難い一夜となるかもしれませんよ?

 

 

以上、ドリンクタイプ惚れ薬の効果的な使い方を紹介しました。興味のある人は、是非その効果の程を直接確かめてみてください。

 

 

おすすめのドリンクタイプ惚れ薬の情報はこちら

 

 

 

page top